本文へジャンプ

鋳鋼バルブ/鍛鋼バルブ

鋳鋼バルブ

鋳鋼バルブ

鋳鋼バルブは、API Std.600(米国石油協会)規格の設計・製作条件を満たし、JIS・JPI(日本石油学会)規格に適合する『高温・高圧用バルブ』、『低温・高圧用バルブ』、及び『高圧ガス設備用バルブ』と、これらのバルブに各種のアクチュエータを搭載した『遠隔操作バルブ』、ならびに製品の一部を仕様変更して特殊な機能を持たせた『特殊仕様バルブ』からなっています。
過酷な使用条件、より高い安全性が求められる、シビアな用途に自信をもってお薦めできる頑丈なバルブです

鍛鋼バルブ

鍛鋼バルブ

本体材料は耐食性、機械的強度の強い炭素鋼を使用し、コンパクトな設計となっています。
また、バルブシートの表面硬化肉盛合金ステライトは、硬度が高く、耐磨耗性、耐酸化性に優れ、その特質は赤熱温度についてもほとんど変化しません。
高度化・多様化する各種プラント配管ラインにぜひお役立てください。

☆更に詳しい説明はこちらです。

鋳鍛鋼バルブ カタログPDFダウンロード

▲ページトップ